ワードプレスって何ですか?

こんにちは、WEBプロデューサー・コンサルタントの結城真弓です。

このコラムをお読みの方は、「ワードプレス」はもうご存知でしょうか? かなり知名度は出てきたと思いますし、ホームページに興味をお持ちの皆さんであれば、聞いたことくらいはあるのではないかと思います。

簡単にご説明すると、ワードプレスとは、ホームページを作るためのソフトのようなものです。(厳密に言うと、もっと他の目的があるのですが、ここでは正確さより、わかりやすさを優先しますね。)

たまに、「ワードプレス=ホームページ」と思っている方がおられますが、ワードプレスはソフト(システム)です。ワードプレス「を」作る、と表現する方がおられるのですが、正しくは、ホームページをワードプレス「で」作る、です。

元々は、専門知識がないと作れなかったホームページを、専門知識があまりない方でも、比較的簡単にホームページを作れるようにした、「簡易ホームページ制作システム」だと思ってください。ワードプレスがあまりにも有名なのですが、実は世の中には、似たような製品はたくさんあります。その中で、ワードプレスは、無料なのに商用利用可能で、高機能、汎用性が高いことから、世界的に圧倒的なシェアを誇るようになりました。

シェアが多いと言うことは、ネット上のマニュアルや書籍も豊富なので、ハードルも下がりますね。

ワードプレスを使うと、WEB制作の専門技術がなくてもホームページを作ったり、更新したりすることができます。

魅力的ですよね^^

ただし、ワードプレスはソフトなので、例えばアメブロのようにレンタルするツールと違って、自分でデータの置き場などを用意し、ワードプレスをインストールをしたり、基本の設定などは行わなくてはなりません。

<ワードプレスでホームページを作る基本の流れ>

1. サーバ(データの置き場)とドメイン(URLの冒頭の部分)を借りる。

2. ワードプレスをインストールする

3. 見た目を決めるテーマ(ワードプレスの用語)を選んで適用する

4. ワードプレスの管理画面から基本設定をしたり、プラグインで機能追加する。

5. 文章や画像を登録したり、リンクを貼る

そうすると、ホームページが出来上がる! というわけです。
手順としては、あまり複雑ではありません。

けれど、ワードプレスは難しい!と思ってる人も多いです。

なぜか??

アメブロやSNSは、アカウント登録をしたら何となく使えますし、ググれば解説ページもいっぱい見つかるのですが、ワードプレスは、基本の使い方や設定は共通であるものの、それ以外は選んだテーマ(デザインテンプレート)によって、作り方が全く違うんですね。

なので、具体的にあれこれ設定しようと思ったら、テーマのマニュアルに頼るか、ある程度の専門的な知識が必要になってしまうのですね。でも世間では、ワードプレスは簡単にホームページが作れると言われているので、ああ、私には無理だ、向いていない、と思ってしまうようです。

「ワードプレスは簡単!パソコン苦手な人でもできる!」というのは、ウソではないと思います。でも、簡単だった理由はあります。

・作り方がわかりやすいテーマを選べていた(マニュアルやサポートが充実していた)

・パソコン苦手、は思い込み

・難しいことをやろうとせず、できることだけをやった

「簡単」かどうかは、何を求めて、どんな手順を取ったかによると言うことです。

ホームページは、完成して終わりではありません。
むしろ、作ってからが本番です。

結婚と同じだと、私は思っています。結婚してから、お互いのことを少しずつ知って、二人の居心地がいいようお互いが努力していくように、ホームページを見てくれる人(潜在顧客)に取って、よりわかりやすく、より使いやすいように、こまめにメンテナンスしていくことが大事なんですね。

言い換えると、ホームページを半永久的に育てていく、ということです。

ですので、私が制作する場合も、「簡単な更新くらいなら、自分自身で余裕でできる!」というところまでサポートしています。更新の都度、業者に委託しなければいけないようでは、コストとスピード感が見合わず、結果として、こまめなメンテナンスができず、ホームページが効果を発揮できない(=機会損失になる)場合も多いからです。

 

この、ホームページを育てるというのが、私がWEB制作において最も重要視している点です。育てるとは何かについては、このコラムで少しずつお話ししていきますが、まずは育てるものなんだということだけ覚えてください。そして、そのためには、ある程度内製化できなければいけない。そのためには、ワードプレスのようなツールを導入することが必要、と
覚えておいてください。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP