HPを作る時、一番初めにすべきこと

こんにちは!WEBプロデューサー・コンサルタントの結城真弓です。
今回は「HPを作る時、一番初めにすべきこと」というテーマでお話しいたします。

 

「ホームページを作ろう!」

そう思い立った時、皆さんは最初に何を考えますか? 先日、クライアント様との初回のヒアリングの時、クライアント様の現状のお話をたくさん聞かせていただいたんですね。(Aさんとしますね)

Aさんは、これまでアメブロで集客されていましたが、なかなか成果が出ず、「これから先もっと売り上げをあげたい状況なのに、どうしよう」とお悩みでした。

ところが、ホームページを作るにあたり、これまでの発信内容や、Aさんがやりたいと思っていることを、細かくヒアリングして行くと、あることに気づきました。

それは、Aさんが本来やりたい方向性、Aさんの強みや持ち味、商品の魅力、お客様が魅力と感じそうなところと、Aさんの発信やポジショニングが、思いっきりズレていること。

わかりやすい例をあげますね。

東京在住のAさんのサービスは、実際にお客様のところへ訪問して行うサービスですが、東京には同業者が多いため、業界で知名度・実力が高いAさんは、発信下手も災いして、集客に苦労しておられました。

ブログのタイトルや内容にも「東京」と目立つように書いておられるので、訪問系のサービスであることも相まって、自ずと近隣からのご依頼が多いとのことだったのですが、じっくりお伺いしていくと、地方からのニーズも多く、予算もふんだんに出すお客様が多いので、地方へもどんどん行きたい、とおっしゃるんです。

Aさんのサービスは、地方では提供している人が少ない特殊なものでした。地方はブルーオーシャンで単価も高そう。そして、Aさんはそこに対応できる状況にある。Aさんがアピールすべきポイントは、東京で活動してる、ということではなく、全国対応可能である、という点でした。

にも関わらず、ブログでそれをアピールしてないのは、なぜですか? 東京と目立つように入れているのは、なぜですか? とお聞きすると、Aさんの回答は「SEOのために地名を入れた方が良いと聞いたから。」そして、「全国に行くなんて言うの、図々しくないですか?」

Aさんは、周囲から入ってくる情報やノウハウ、心理的なブロックにジャマされて、ご自分の持ち味をスルーし、わざわざ違う方を選択してしまっていた、と言うことです。

お分かりですね? ここを掘り出せないまま、Aさんのおっしゃる通りにホームページ作っても、まず成果は出ません。

Aさんの例は、非常にわかりやすいシンプルなものでしたが、実は、こういったことは珍しくありません。大きな企業でも見受けられる状況です。主観や解釈が入ってしまうだけでなく、個人でお仕事をされている方の場合は「心理的ブロック」が、企業様の場合は、売り上げ目標や商品への思いからくる「売り手の心理」が、入ってしまうんですね。

その結果、本来の持ち味や魅力が薄まり、ズレが生じてきてしまいます。

多くの場合、お客様が自社サービスの何を魅力に感じ、どこにニーズがあるか、リアルな声が理解できてないんです。耳に入っていないのではありません。聞こえていても、スルーしているのです。そして、大事な声をスルーし、ネットの情報や自分の思いを優先して、こうした方がいいらしい、こうするのが当たり前、とずれて行きます。

ホームページを作る前に、一番初めにやること。
それは、今一度、経営コンセプトや自社・サービスの魅力を固め直すことです。

その際に大切なことは、ご自身の思いを洗い出した後、必ずそれを、お客様の目線で見直すことです。

 

ターゲット、やりたいこと、売りたいこと、どういう打ち出し方をしていけばいいか、ご自身の思いをクリアにしつつ、客観的な視点(=お客様の視点)を加えて、これから進む道を、まっすぐな道にしましょう。

 

まずは、そこからです。

<経営者のための無料メール講座>

・経営に必要なWEB活用の知識を体系的に学びたい

・ホームページを最大限に活用したい

・ホームページをビジネスツールとして全方向的に役立てたい

そんな方は、下記より無料メール講座へご登録ください。
私がこれまで20年の実績の中で培った、経営者にとって必要な考え方をお伝えしています。WEBが苦手な方にでも、ご理解いただけるようにお伝えしますので、ご安心ください。

>> 無料メール講座に登録する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP